抗がん剤の服用に伴う脱毛や肌荒れなどに悩む患者を支援する美容師です。
薬の副作用に悩む患者が気軽に足を運べるよう、乳腺専門医(がんの知識)、薬剤師・ウイッグの専門技術者(スキル)、がん患者の会(メンタル)の方々より研修を受けられ、認定試験に合格した美容師が対応します。

 
山形県薬剤性脱毛
サポート協議会会長
山形県立中央病院
外科部長
医学博士

工藤 俊
山形県がん・サポート美容師会
代表

西村 順子
山形県立新庄病院
薬剤部薬局長

松田 美樹子
     
がん治療の抗がん剤による副作用で髪が抜けたり、肌が荒れたりと悩む患者が多いなかで、美容の専門家によるサポートは不可欠です。女性の美しさを保ち、不安要素を減らすことは、治療に前向きに取り組む意欲につながります。 抗がん剤の治療を始めると、行きつけの美容室から足が遠のく人は少なくありません。そうした方々に医療用ウイッグの相談・試着・販売を通して少しでも病気や脱毛への不安を払拭できれば、というのが私達の願いです。
抗がん剤の副作用は様々ありますが、外見の変化が患者さんにとって大きい苦痛であると言われています。副作用を知ることで患者の苦痛を理解し、適切なアドバイスや情報提供することで、その人らしく過ごせるように支援できると思っております。